家事代行サービスを利用してみよう
2022年3月21日

ベビーシッターの資格と求められる能力とは

働く母親が増えていることから、近年ではベビーシッターの需要も高まっています。ベビーシッターになるためには特別な資格は必要ありません。また、幼稚園教諭や保育士などのように、特別な専門学校や短大、大学などをでていなくても、ベビーシッターとして仕事をすることはできます。しかし、いざ仕事を始めてみようとすると、簡単なものではありません。

そのため保育士の資格や幼稚園教諭の免許状を取得し現場経験があったり、ベビーシッターの民間資格を取得していると、就職する際には有利になる場合があります。子供は朝は元気だったのに急に発熱を起こすなど、急な体調を変化があることが多いものです。そのため看護士の資格を持つ人が優遇される場合もあります。就職先としては、正社員としての就職はあまり多くはありません。

多くがアルバイトやパート、契約社員として働いています。ベビーシッターに求められる能力としては、まず第一に子供が好きであるということが重要になります。しかし子供が好きだからといってできる仕事ではなく、子供を預かり守るという責任感の強さも必要になります。仕事においては、子供にはそれぞれ個性があるので、一人一人に対してその個性を認めつつ、明るく優しく親しみが持てる人が望ましいといえます。

近年ではアレルギーを持つ子も増えていることから、ペットを飼っていたり喫煙する人は、依頼者がアレルギー体質の場合には断られる場合があります。しかし反対にペットを飼っていることで、ペットを飼っている家庭からは、依頼される場合もあります。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です