家事代行サービスを利用してみよう
2022年3月15日

ベビーシッターの選び方

ベビーシッターは仕事や用事で子どもの保育が出来ない時間帯に家に来てもらい、子どもの面倒を見てもらえるものです。保育所などと違う点は、自分の家の方針、考え方にそった保育をしてもらえるところにあります。また、家に来てもらうことで子どもがいつもの環境から変えることなく安心感が大きいこともメリットとしてあります。そして、保育だけでなく家事の手伝いもしてもらえることから、忙しいお母さんにとってとてもありがたいサービスです。

ベビーシッターの選び方としては、まずは身分証の提示や自治体への登録が済んでいるかを確認し、その後自分の希望を伝えることです。知らない人が家に上がるわけですからそれなりの不安は誰もがあります。ベビーシッターには国家資格はないのですが、民間資格はあります。また勉強会に参加して専門知識を習得しているか、また子育て経験がある方の方が安心感が大きいということもあります。

会社によっては人を選べないこともありますが、まずは自分の要望を伝えることが大切です。そして、プロフィールを事前に見られると安心材料が増えます。やはり一番は子どもとの相性、依頼主との相性が重要です。子どもがなつくことはとても安心感があるので、その後またお願いすることなどを考慮して、しっかりコミュニケーションを取ることが大切です。

費用面では基本料金に家事を付け加えるとその分プラスされていく仕組みをとっている会社が多いです。その辺の確認もきちんと行い、のちのトラブルにならないようにすることが大切です。女性の社会進出に伴ってベビーシッターの需要も増えてきました。良い相性のシッターさんと出会うことが子どもにとっても保護者にとっても良いことです。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です